ゼネコンやハウスメーカーを経験した一級建築士が、多くの方が安心した生活を送れるような情報を提供。また、購入した住まいが、欠陥住宅や悪質リフォームの被害に遭わないようなに、日常の生活情報よりコメント。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
耐震偽造問題
6月18日 共同通信より

関東地方などである宅建業者が、木造2階建て住宅681棟が強度不足で、

補修工事を始めたようです。同社によると柱と柱の間に渡す筋交いが、

不足していたようです。




どうしてこのようなことが起こったか、内部事情がわからないので、

何とも言えませんが、まず木造2階住宅にはそもそも構造計算書は

不必要で、設計者の判断に任せられることにあります。

実際に作っている大工さんは本来わかるのではないかと思いますが、

自分の仕事に誇りを持っている職人さんが、どうも少なくなって

きてるのではないでしょうか。もちろんこだわりをもって仕事を

している方も大勢いらっしゃいます。

しかしこのような事件が最近多く起きているのはコスト削減の

しわ寄せが実際に施工されているものにきているから

ではないでしょうか。

折角高等な技術を身につけて、仕事を行ってもそれに見合う

収入がないと、特に今の若者には魅力ある職業にはならないの

ではないでしょうか。

旧来は棟梁と呼ばれる方が、すべて取り仕切って家づくりを行って

おりましたが、現在はハウスメーカーが多く、間に入る営業マンにも

もちろん収入が必要となります。景気が悪く競合が多くなると、

どうしても価格競争になってしまいます。そこで値引きを行うと、

そのしわ寄せが工事を行うものに全てきてしまいます。

これではなかなか良いものは作れません。

できれば家を造りたい人が、設計者、施工者(大工)などを選べる

構造になると、それぞれプライドを持って仕事できるようになり、

しっかりした建物が出来上がるのではないでしょうか。



スポンサーサイト

テーマ:不動産 - ジャンル:ビジネス

悪質リフォーム防止法
6月16日の共同通信より

石川県消費生活センターが、高齢者にかかわる団体に呼びかけ、

ネットワークを結成し、情報交換や広報に取り組むようです。

同センターによると、高齢者による相談が増えつづけ、とくに

リフォーム工事の場合、契約金額も高いようです。

なかなか他人に相談できずに、ホームヘルパーによる発見が多い

ようです。




このように現在は高齢者の方が、お一人で暮らしていることが

多くなり、相談する相手もいないというのが現状のようです。

以前は多世帯で暮らすことが多く、ご近所の付き合いも

当たり前のように行っていた時代には、このような被害は

当然少なかったようです。


そこで悪質リフォームの被害に遇わないためには、とにかく

突然訪問してきた業者には、工事を頼まないのが良い方法です。

どうしてもこのような業者の中には、初対面の時に話し相手が

いない高齢者に対して親身に話を聞いてくれるようです。

最後に通常の3倍もするような金額で契約書に判を押し、

行わなくてもよいような工事を行う場合が多いようです。

家の中に面識のない業者は入れないようにすることが、最も大事です。

すべての業者が、このような悪質な商売を行っているわけでは、

ありません。コツコツ行っている業者のほうが多いにもかかわらず、

残念でありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。