ゼネコンやハウスメーカーを経験した一級建築士が、多くの方が安心した生活を送れるような情報を提供。また、購入した住まいが、欠陥住宅や悪質リフォームの被害に遭わないようなに、日常の生活情報よりコメント。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
札幌の耐震偽造、浅沼建築士の免許取消し処分を実施
7月21日 北海道新聞によると

道は20日、マンションなどの構造計算書を偽造し、耐震強度の偽装を繰り返していた札幌市の浅沼良一・二級建築士に対し、建築士免許を取り消す処分を行った。
道によると、浅沼氏は1999年から、設計補助者として札幌市のマンションなど29棟の構造計算にかかわり、自らの判断で耐震強度を偽装した。道はこうした行為を、建築士法で処分対象となる「不誠実行為」と認定。偽装を繰り返していたことから、最も重い処罰の免許取り消しが妥当と判断した。同日開かれた道建築士審査会が道の処分案に同意し正式に決定した。道が二級建築士免許を取り消したのは、記録の残る2000年以降では初めて。
また、刑事告発について道は、処分決定後に開いた記者会見で「(二級建築士の浅沼氏の行為は)補助業務で、罰則の対象となりうる法律が見つからないので難しい」との考えを示した。




この記事に対しては何度かコメントしてきましたが、確認申請の書類を提出する際に必ず一級建築士の名前で行っております。元請の一級建築士の名前公表と処分を早急に行うことを望んでおります。確かに実際に手を下したものは悪いが、何もせず名前だけを載せ、お金だけを吸い上げる元請が最も悪いはずであります。事件があると必ず力関係の弱い人間にすべて罪をかぶせて終わることが多いのはいかがなものでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ:ビジネスブログ - ジャンル:ビジネス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。