ゼネコンやハウスメーカーを経験した一級建築士が、多くの方が安心した生活を送れるような情報を提供。また、購入した住まいが、欠陥住宅や悪質リフォームの被害に遭わないようなに、日常の生活情報よりコメント。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リフォーム工事による詐欺契約150億円
8月18日 朝日新聞によると

 今年上半期(1~6月)に摘発された訪問販売リフォーム事件は前年同期比30件増の49件で、違法業者による契約総額は全国で同約32億円増の約150億1000万円に上ったことが17日、警察庁のまとめでわかった。
訪問販売リフォームを含め、自宅を訪ねて無料サービスなどをうたい、高額商品を売りつける点検商法事件全体では62件(前年同期比34件増)が摘発され、179人(同117人増)が検挙された。
このうち訪問販売リフォーム事件の検挙者は154人(同113人増)、契約者は約2万4000人に上り、契約総額は点検商法全体の約97%を占めた。



悪質リフォーム工事なかなか減少しませんが、まず気をつけていただきたいのは、訪問販売の会社に依頼しないのが最も間違いはないのですが、仮に無料点検すると家に上がりこもうとしても、知っている業者がいるので必要ないと断ってください。もしご自身の住宅で不安な箇所があったとしたら、建築に関する資格を持っているものに必ず確認させてください。訪問販売の会社はほとんどが建築に対する知識は持ち合わせておりません。 
スポンサーサイト

テーマ:ビジネスブログ - ジャンル:ビジネス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。