ゼネコンやハウスメーカーを経験した一級建築士が、多くの方が安心した生活を送れるような情報を提供。また、購入した住まいが、欠陥住宅や悪質リフォームの被害に遭わないようなに、日常の生活情報よりコメント。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
住生活グループ 地震時の住宅、建替え費用を補償
10月17日 日経産業新聞によると

住生活グループ傘下で住宅構造材を販売する21世紀住宅研究所(東京・江東)は16日、地震時に全壊した住宅の建て替え費用を補償すると発表した。

指定する構造体を採用するなど条件を満たす住宅は最大2000万円を補償する。
保険以外での費用補償は業界で初めて。

 補償期間は10年。対象は金物で接合する木造軸組構造で、指定する部材で建築した住宅。耐震等級の設計確認や、日本住宅保証検査機構の「60年継続点検保証制度」の利用などの条件があり、最長60年まで延長できる。

登録料など施主の費用負担はなく、地震保険への加入も不要という。



全壊の判断がどの程度を想定しているのか、地震による火災には適用されないのか、詳しい内容わかりませんが、購入者にとっては、安心できる内容であることには間違いないことでしょう。

しかし、地震時の倒壊した家屋を見ていると、半倒壊であることがほとんどなので、このあたりも検討してみては、いかがでしょうか。



このブログでは、住まいを購入する際、あるいは住まいを修繕する際に、皆様方が失敗がなく、満足に暮らしていただけるような情報を提供しておりますが、今後中古物件を購入される方も多いと思われるので、中古不動産を購入際の注意点など提供しているメルマガも発行しております。

もちろん購読は無料ですので、よろしければそちらもご覧いただければと思います。

登録は下記をクリックしていただき、メールアドレスを記入していただければ、定期的に記事が送られてきます。
http://www.mag2.com/m/0000202216.htm

ランキング参加しておりますので、よろしければ1クリックそれぞれお願いします。
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 住まいブログ
人気blogランキング

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。