ゼネコンやハウスメーカーを経験した一級建築士が、多くの方が安心した生活を送れるような情報を提供。また、購入した住まいが、欠陥住宅や悪質リフォームの被害に遭わないようなに、日常の生活情報よりコメント。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
正しい不動産購入法-中古マンション購入予定者の参考記事
近頃のニュースといえば、いじめ問題が取り上げられておりますが、

報道のあり方といれば犯人探しばかりで、なぜいじめが発生するのか、

今後どのような対策を採れば減少していくのか触れていないのは、

残念でありません。


今日は中古マンション購入の際に、中古物件の利点を生かした

購入法の記事をご紹介します。



11月14日 読売新聞によると

中古の分譲マンションを購入する際には、事前に室内などを

確認できるという利点を生かし、納得の行くまで吟味したい。

管理組合の議事録を確認するなど、踏み込んだ方法が有効だ。


ある購入予定者が注意したのは、購入後すぐにまた、

多額の出費がかさまないかという点。

そのため、傷みやすい水回りの給排水管の交換や共用部の

大規模修繕が行われた時期を、仲介会社に調べてもらった。


最終的に選んだのは、築17年と最も古いが、配管の交換も

大規模修繕も数年前に済んだ物件。

中古物件の利点を生かし、管理組合の財務状況なども

判断材料にしたいと考える人は増えている様子。

また、地価が上昇している東京都心部などでは、先々、

売却する場合にどれだけ高い価格で売れそうかといった点に

関心を寄せる人もいるという。


また、共用部は住民の管理意識を知る上で有効だ。

外壁や廊下などにひび割れや雨漏り、さびがあれば、

これらについて管理組合が問題意識を持って

検討しているかどうかを、管理人に聞いたり、

仲介会社に頼んで組合の議事録で確認したりしたい。

価格は、早く売却したいといった売り主の事情によって

決まるので交渉の余地がある。

また、欠陥があった場合、売り主が補償の責任を負う

瑕疵(かし)担保責任の期間は新築が10年と

決まっているのに対し、中古は話し合いで決めるが、

2か月が多いことも知っておきたい。



中古マンション購入予定者にとっては、

とても役立つ記事ではないでしょうか。


新築マンションと異なり、中古不動産は何といっても

現物を確認できるのが大きなメリットであります。

さらに議事録なども確認できることから、管理体制まで

把握することができます。

候補に挙がった物件があってもすぐに決断せず、

中古不動産の利点を充分にいかして購入されたいものです。



ランキング参加しておりますので、
よろしければ1クリックそれぞれお願いします。
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 住まいブログ
人気blogランキング

 
スポンサーサイト

テーマ:ビジネスブログ - ジャンル:ビジネス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。