ゼネコンやハウスメーカーを経験した一級建築士が、多くの方が安心した生活を送れるような情報を提供。また、購入した住まいが、欠陥住宅や悪質リフォームの被害に遭わないようなに、日常の生活情報よりコメント。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リフォームしたばかりなのに雨漏り?
外壁をリフォームする際、サイディングという板状の材料を

利用することが多いと思われます。

遠くからみても外壁が汚れてきたら、新しく張り替えませんか?

とインターホン越しに営業してくる業者も多いのではないでしょうか?

診断見積もり無料ということで気軽に見積を依頼される方も多いようです。

角地なのでモニター価格にしますと、かなり値引してくれるので、

そのまま工事内容など確認せずに、

依頼してしまった方が以前いらっしゃいました。


このよう場合多くは外壁材を重ね貼りしているようです。

この方法取った場合きちんとした施工を施さないと

トラブルになるケースも多いです。


建物には小さな換気口が多数ついております。

外壁を剥がして張り替えるのであれば、

その廻りをきちんとコーキングを打ち水が中に入り込まないような

処置を行った上で外壁材を貼っていきます。

しかし重ね貼りでは、現在ついている換気口を壊して取り付けるため、

きちんと接続していない被害も多くそこから水分が浸入する

といったケースもありました。


折角お金も払って工事を行うのですから、値段の総額のみならず、

建物の知識のある者に見てもらうほうが間違いはありません。


リフォーム工事を行って欠陥を作っては意味がありません!

特に外壁・屋根など外部の工事には充分に注意してくださいね!
スポンサーサイト

テーマ:ビジネスブログ - ジャンル:ビジネス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。