ゼネコンやハウスメーカーを経験した一級建築士が、多くの方が安心した生活を送れるような情報を提供。また、購入した住まいが、欠陥住宅や悪質リフォームの被害に遭わないようなに、日常の生活情報よりコメント。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
耐震偽装 住民通知せず3ヶ月 札幌の賃貸マンション
私は競馬にあまり興味ないのですが、世界最高峰レース「凱旋門賞」に出走したディープインパクトから、薬物が検出されたそうで、なぜこのようなことが行われたかはわかりませんが、日本を代表して参加したにもかかわらず残念でありません。

今日は札幌の賃貸マンションで、耐震偽装を3ヶ月も住民に通知していなかったというニュースありましたので、考えてみたいと思います


10月19日 北海道新聞によると

札幌市内の浅沼良一・元二級建築士(48)によるマンション耐震強度偽装問題で、同市東区の不動産賃貸会社が今年七月、所有する賃貸物件が強度不足との通知を市から受けながら、三カ月後の現在も住民に知らせていないことが十八日、分かった。同社は「さらに調査し、説明するつもりだった」と釈明するが、他の多くの物件では強度不足が確認され次第、住民に伝えている。賃貸物件の住民説明を、業者任せにしてきた市の責任も問われそうだ。



賃貸とはいえ、住民にとっては恐ろしいことでしょう。やはりこのような事件があった後は、自治体が先頭を切って、確認など行うようしなければ、ただ不安ばかり煽るだけです。

どうも行政関係者は今回の事件に限らず、横の繋がりが悪く、自分の担当以外のことに関して、無関心という印象を受けてしまいます。



このブログでは、住まいを購入する際、あるいは住まいを修繕する際に、皆様方が失敗がなく、満足に暮らしていただけるような情報を提供しておりますが、今後中古物件を購入される方も多いと思われるので、中古不動産を購入際の注意点など提供しているメルマガも発行しております。

もちろん購読は無料ですので、よろしければそちらもご覧いただければと思います。

登録は下記をクリックしていただき、メールアドレスを記入していただければ、定期的に記事が送られてきます。
http://www.mag2.com/m/0000202216.htm

ランキング参加しておりますので、よろしければ1クリックそれぞれお願いします。
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 住まいブログ
人気blogランキング


スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
浅沼良一・元二級建築士による耐震偽装問題で、強度不足が明らかになった分譲マンション(札幌市中央区)住民が、住友不動産(東京)に売買契約の取り消しと購入代金の返還など総額約4億1000万円の支払いを求め、年内に札幌地裁に提訴する。耐震基準を満たしていると説
2006/12/17(日) 15:26:25 | 買ってはいけない東急リバブル・東急不動産
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。