ゼネコンやハウスメーカーを経験した一級建築士が、多くの方が安心した生活を送れるような情報を提供。また、購入した住まいが、欠陥住宅や悪質リフォームの被害に遭わないようなに、日常の生活情報よりコメント。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マンション管理組合の理事会「出席80%」ひと工夫
10月31日 読売新聞によると

マンション管理組合の総会は予算・決算を承認したり、役員を決めたりする意思決定の場だ。

しかしマンション管理に無関心な人が増え、出席者が極端に少ないと、総会が成立しなくなる恐れがある。

このため出席率アップに取り組む理事会は多い。

あるマンションでは、7人の理事を除くと、実際の出席者が4人になったこともあった。

敷地内にある駐車場の抽選は常に住民の関心が高かったことから、この抽選を総会後に行うことにした。

2年に1度の抽選になるため、抽選の前年の総会と、その年の総会の両方に出席した住民の希望者を対象に抽選。総会に出席していない住民は、駐車場が余った場合にしか抽選に参加できない仕組みに管理規約を改めた。

また、総会開催日を毎年5月の第3日曜日と定めた。

大型連休後で、住民が家にいることが多いからだ。

こうした取り組みから、実際の出席者は最近50人以上に増加、委任状も合わせると、70~80%台の出席率になっているという。

総会が成立するには「過半数の住民の出席が必要」などと規約で定めているマンションが多い。出席率のアップは理事会の大きな課題だ。



マンションの理事会の出席率の低迷は、どこのマンションでも問題になっております。

そもそも自分たちが負担したお金をどのように運営していくか、決める場所であり、自分のお金にもかかわらず、権利を放棄してしまっている方多いようです。

上記の記事のように出席しないと極端に損害が発生する仕組みなど作らなければ、出席率は増加しないでしょう。

しかし自分の財産にもかかわらず、無関心な方多すぎます。

マンションを購入された方は、できれば自分の資産であるということをもう少し自覚されたいものです。

ランキング参加しておりますので、
よろしければ1クリックそれぞれお願いします。
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 住まいブログ
人気blogランキング
スポンサーサイト

テーマ:ビジネスブログ - ジャンル:ビジネス

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。