ゼネコンやハウスメーカーを経験した一級建築士が、多くの方が安心した生活を送れるような情報を提供。また、購入した住まいが、欠陥住宅や悪質リフォームの被害に遭わないようなに、日常の生活情報よりコメント。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マンション売主が目前に建物「花火見えない」に賠償
北海道で作った氷を東京に運んで、ビルの冷房に使う

「雪氷輸送実験」が実用化に至らないようです。

もう少し我々の税金を大事に使ってほしいものです。

又国民の税金を無駄にした責任者のかたもきちんと

責任を取ってもらいたいものです。



マンション売主が目前に建物「花火見えない」に賠償

12月8日 朝日新聞によると

東京・下町の夏を彩る隅田川花火大会が見えるマンションを

買った夫妻が、売り主の会社が近くに別のマンションを

建てたため花火を観賞できなくなったとして約350万円の

賠償を求めた訴訟の判決があり、慰謝料など計66万円の支払いを

販売会社に命じれたようです。


 判決によりますと、マンションは13階建て。

販売会社はパンフレットやポスターに花火大会の写真を

載せていたようです。

夫妻は花火が見える北東側を希望し、

3000万円で6階の部屋を購入。

しかし、同じ業者が近くにマンションを建設。


視界を完全に遮られたようです。


 判決は「販売会社は信義則上、眺めを妨げないよう配慮する義務を負っていた」と認めた。

ただ、「都心では高層ビル建築が相次いでいる」として、

「売り主自らが眺めを妨げた特殊な例は別として、

いかなる場合も眺めが法的に保護されるとまではいえない」

と述べたようです。




このマンションを購入したご夫婦は慰謝料を受け取ることに

なったとしても、眺望のあまりよくないこのマンションで

一生暮らさなければなりません。

仮にここで暮らす一番の楽しみが花火を観賞できることで

あったら落胆していることが目に浮かんでしまい、

同情してしまいます。


このブログでも何度かお話いましたが、

マンションを購入するにしろ、戸建住宅を購入するにしろ、

営業マンの話しことを100%信頼してはいけません。

ご自身で譲れないところがあるのなら、必ずご自身で調べるなり、

知り合いの不動産に詳しい方に必ず確認してから、

購入するようにしましょうね。


住まいを購入するということは買い換えるということは、

多くの方にとって難しいのではないのでしょうか。




このブログでは、住まいを購入する際、
あるいは住まいを修繕する際に、皆様方が失敗がなく、
満足に暮らしていただけるような情報を提供しておりますが、
今後中古物件を購入される方も多いと思われるので、
中古不動産を購入際の注意点など提供しているメルマガも
発行しております。

もちろん購読は無料ですので、
よろしければそちらもご覧いただければと思います。

登録は下記をクリックしていただき、
メールアドレスを記入していただければ、
定期的に記事が送られてきます。

http://www.mag2.com/m/0000202216.htm

ランキング参加しておりますので、
よろしければ1クリックそれぞれお願いします。

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 住まいブログ
人気blogランキング

スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。