ゼネコンやハウスメーカーを経験した一級建築士が、多くの方が安心した生活を送れるような情報を提供。また、購入した住まいが、欠陥住宅や悪質リフォームの被害に遭わないようなに、日常の生活情報よりコメント。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一級建築士に新たな試験 その2
6月26日毎日新聞によると

 耐震データ偽造事件を受け、国土交通省は26日、現在の1級建築士

に新たな試験を受けさせて合格した人だけを「新1級建築士」と認定

するなど大幅な制度見直し案を明らかにした。

高専、短大卒は受験資格がなくなり、大卒でも実務修習(インターン)

を経なければ免許を取得できない。同省は、見直し案に沿い建築士法を

改正する方針。


 

資格制度に何らかの改善が必要とは思いますが、

高専、短大卒の方が受験資格なくなるというのはどうかと思います。

大学を卒業していなくても実務を行いながら独学で立派に資格を

取得された方も多くいらっしゃいます。

その方々が、能力が劣っているかといえば、決してそのようなことは

なく、大卒の方より努力の結果、能力が優れている方も

いらっしゃいます。このような法律が通ってしまうようであれば、

いくら努力をしても夢がかなわないという社会を増進させて

しまうのではないでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ:建設業 - ジャンル:ビジネス

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。