ゼネコンやハウスメーカーを経験した一級建築士が、多くの方が安心した生活を送れるような情報を提供。また、購入した住まいが、欠陥住宅や悪質リフォームの被害に遭わないようなに、日常の生活情報よりコメント。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
建て替えか全面リフォームか
リフォーム工事といってもクロスの貼り替えから、

外部内部全て直す大規模なリフォームまでさまざまですが、

今日は大規模なリフォームについて考えてみたいと思います。


大規模なリフォームでは1,500万から2,000万の費用が

かかることがあります。

そうなると建て替えた方がよいのか悩む方も

多いのではないでしょうか?


新築の7割の費用がかかるのであれば、迷わず

建て替えた方が良いでしょう。

場合によっては新築と変わらない程度費用がかかることがあります。

現在の間取りが気に入っているのであれば、

6割程度で全面リフォームできることでしょう。

しかし既存の間取りが使い勝手が悪く、

水廻りの位置も変更するようであれば、建て替えをお勧めします。

また全面リフォームを選択された場合でも、どこが古いままなのか

必ず事前に確認しておきましょう。


比較検討される場合、単純に工事費用だけで比較してはいけません。

建て替えとなると既存の建物の解体費,税金、仮住まい費用、

外構工事、この辺の費用もあらかじめ想定して比較しましょうね!


スポンサーサイト

テーマ:建設業 - ジャンル:ビジネス

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。